キングダムの考察や感想を掲載するサイトとなります(一部ネタバレがありますのでご注意ください)

  1. キングダム考察
  2. 16440 view

キングダムネタバレ581話確定と582話|尭雲も趙峩龍も完全に撤退!王賁と信に六将の姿を見る!

王賁と信が隊を大きく覚醒させた事で
圧倒的な戦力を手に入れた秦国軍。

この勢いで将を討ち取りたい所では
あったのだが、
そうもうまくいかない様子。

やはり尭雲もこの状況では
分が悪いのは容易に分かるのだろう。

趙峩龍を含め全員で後退を
していくことになる。

これによって、
将を討つのは難しくなる。

しかし、
河了貂はこれで構わないという。

その真意とは。

王翦は覚醒を待っていた!?
王翦が秦国最強は史実!?




強すぎる飛信隊と玉鳳隊

趙軍側は兵糧に余裕がある。

それにも関わらず疲労と空腹で
倒れる寸前のような二つの隊の方が
圧倒的な力を示している。

すでに士気で完全に勝利したと
言っていい二つの部隊。

それを導き出した二人の将。

すでに将軍としての器は
完全に備わったと言えるだろう。

趙軍をはねのけて容易に突破を
はかってくる。

李牧と舜水樹の誤算!将が強い!
舜水樹は史実に存在しない!

尭雲と趙峩龍が六将を見る

尭雲は二人の強さを見て、
六将の姿を見る。

それを趙峩龍も同じ様に
感じているだろうと思っている。

今のまま戦えば当然趙側の
被害は甚大となる。

それは容易に想像が付くだろう。

無理をして攻める必要もない趙としては
一旦引くべきと判断。

尭雲を含め後退を始める。

これに気付いた飛信隊は
残念がるがやむを得ない。

趙峩龍が死ぬ!王賁が瞬殺か!?




河了貂の考え

王翦の中央が動くためには
右か左の戦場が李牧の本陣の
横まで上がっていく必要がある。

しかし、
左の戦場は膠着が限界。

上がっていくのは難しいと考えれば
右の戦場がそこまで押し上がるのが基本。

尭雲たちが下がったことによって
この右の戦場の前線を持ち上げることが
可能という状況。

王翦の中央軍が李牧を攻めて
右の戦場との挟撃が可能となる。

これは王翦の考えと一致しているのか。

亜光と亜花錦が親子はない!?
李牧と舜水樹の誤算!将が強い!

兵糧の問題が大きい

中央軍の王翦たちが
どれほどの兵糧を予備として
蓄えてあるのか。

これによって、
中央と右との挟撃も絵に描いた餅
なのかが分かってくる。

兵糧問題はやはり大きな部分。

閼与を攻めて、
王翦がすでに兵站確保に動いている
という可能性も当然ある。

それが無いのだとすれば、
この中央の進撃によって
一気に趙軍を倒すということになるか。

李牧がそれほど簡単に破れるとは
到底思えない。

特に将としては重要な人物が
全て生き残っている。

失ったのは岳嬰のみ。

王翦軍は麻鉱を失い、
亜光は意識不明の状況。

趙軍は兵糧も多く、
防戦という構えも可能。

どう考えても必ず勝つ戦を
仕掛ける王翦がそのまま
中央を攻めて挟撃するだけというのは
考えにくい。

王翦は覚醒を待っていた!?
朱景様は史実にいない!?
王翦は王賁を実の子と思っている
王翦は閼与攻めで李牧を出し抜く
王賁と蒙恬は臨時の将軍に!?
亜光は史実に存在しない!?
亜光と亜花錦が親子はない!?
李牧と舜水樹の誤算!将が強い!
舜水樹は史実に存在しない!
桓騎の弱点!?李牧戦で討ち死に!?
王翦が秦国最強は史実!?
楊端和は邯鄲攻め以降は出ない!?
王騎のオリジナル!?
李牧の最期は史実と違う!?
淡が中華最強の弓使いとなる!?
中華十弓の最強ランキング!




キングダム考察の最近記事

  1. キングダム考察 王賁が討たれてしまうとはどういう意味!?死ぬのか!?

  2. キングダムネタバレ583話確定と584話|王翦は玉鳳隊の覚醒を賭けと告白!尭雲と趙峩龍が狙…

  3. キングダム考察583話 李牧の策は尭雲攻勢と時間稼ぎか!?王翦はすでに兵糧確保に動く!?

  4. キングダムネタバレ582話確定と583話 飛信隊に最後の食事!王翦が中央で田里弥に命令を下…

  5. キングダムネタバレ582話 王翦の策は河了貂の想像を完全に超えている!?兵糧不足で戦えない…

関連記事

考察の記事

最近の記事

  1. キングダム考察 王賁が討たれてしまうとはどういう意味!?死ぬのか!?
  2. キングダムネタバレ583話確定と584話|王翦は玉鳳隊の覚醒を賭けと告…
  3. キングダム考察583話 李牧の策は尭雲攻勢と時間稼ぎか!?王翦はすでに…
  4. キングダムネタバレ582話確定と583話 飛信隊に最後の食事!王翦が中…
  5. キングダムネタバレ582話 王翦の策は河了貂の想像を完全に超えている!…
PAGE TOP